はなやのウェブたん BLOG

浦安 舞浜の花屋さん『ブルーメン舞浜』のウェブ担当になったわたくしウェブたんが、ホームページへの流入経路拡大のためウェブの大海に雑多な話題を投げ込んでいくブログです

やらないと損するお金の話4~iDeCoとNISA~

引き続きお金の話です。

 

1.格安sim
2.キャッシュレス化
3.ふるさと納税
4.iDeCo
5.NISA(積立NISA)
 

今回は4と5についてのお話。

 

1.格安シムと2.キャッシュレス化についてはこちら

やらないと損するお金の話 ~格安シムとキャッシュレス~ - はなやのウェブたん BLOG

 

3.ふるさと納税についてはこちら

やらないと損するお金の話 3 〜ふるさと納税編〜 - はなやのウェブたん BLOG

をお読みください。 

 

4.iDeCo

 

手軽さ ☆☆★★★

節税額 1万〜20万円前後

向く人 :        老後の貯蓄をしたい人

向かない人 : 貯金しない人、65歳までに貯金を崩す可能性がある人

 

確定拠出年金

・・・と声に出すと不思議と語呂がよいこの単語。

iDeCoは、古くは確定拠出年金や401kと呼ばれていたモノです。要するに「個人年金」ですね。

なんだか難しそうですが、簡単に言うと「65歳まで崩せない貯金」をするのですよ。

崩せないより崩せたほうがいいなぁ、と思いますか?

いやいや、iDeCoは普通の貯金と違ってとてつもない金銭的メリットがあるのです。

 

さて、低金利と言われて久しい現代日本

月1万の積立預金を30年したら利息がどれだけつくと思います?

16,291円ですって!(年利0.03%で計算)

 

どうです?

30年間貯金をして16,291円も増えた!やったぜ儲かった! ですか?

30年も貯金して16,291円しか増えないのか・・・ガッカリ ですか?

どちらの方も寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

定期預金なら16,291円増えたあなたのそのお貯金、

iDeCoを使えば50万円増確定でさぁね!

 

一番最初の記事で50万円あげると言った伏線が見事に回収されました。

年収などにかなり左右されるので、気になった方はこちら↓でシミュレーションしてみて下さい。多分ぶったまげると思います。

https://dc.rakuten-sec.co.jp/feature/simulation/

 

どうですか?ぶったまげましたか?

なぜこんな数字が出るか、ピンと来ませんよね。

答えは税金です。税金ですよ税金。

我々は何もしなくても年収の1-2割ぐらい税金を取られています。

iDeCoはですね、この知らぬ間に取られている税金をかなりの額を軽減することができるのですよ。

iDeCoは払った全額が所得控除」

つまりiDeCoに積み立てた金額×税率分が年末調整や税金還付で返ってきます。

 

まだピンときませんね。

過程をすっ飛ばして原因と結果だけ言いますね。

 

iDeCoに10万払えば1〜2万ぐらいもらえます!!」

 

iDeCoは貯金と冒頭に言いました通り、65歳になったら今まで積み立ててきた全額が払い戻しされます。

 

さらに、この積立金は投資信託のように証券会社の手によって運用されます。

国内株式を多めに買って手堅くやって〜、とか、新興国の土地買ってハイリスクハイリターンや!みたいな指示が出せるので投資に興味あるけど手が出せない、という方にもオススメ。

投資はちょっと...とお思いの方でも、元本保障の定期預金プランもありますからね。

しかも運用益も税金かからないから普通の投資信託より多くの利益が見込める、と!

 

うーん、柔らかくやるつもりが結局堅くなってしまった。

ちょっとこのあたりにして、今度もっと柔らかめなiDeCo紹介記事かガチガチのiDeCo記事かどちらか書きます。

それでは最後!

 

5.積立NISA

 

はい。私これはあまり詳しくありませんのでサラッと書きます。

投資信託に税金かからないやつです。

毎月1万とか毎月決まった金額積み立てて、そのお金をプロに運用してもらうと。

普通は儲かったら2割税金取られるんですが、投資額が一年あたり40万までなら取られないよ〜というやつですね。

40万投資して10万儲かったら2万ぐらい取られて約48万手元に残るわけですが、積立NISAなら50万丸々残りまっせという感じです。

前項のiDeCoと結構似てるので、大事な違いだけまとめて今日は終わりにしましょう。

 

・途中解約

iDeCo  できない

積立NISA できる

 

・運用益への課税

iDeCo  非課税

積立NISA 非課税

 

・投資額の所得控除

iDeCo 控除される

積立NISA 控除されない

 

要はですね、老後に備えた貯金をしたい!それまでに絶対に取り崩さないぞ俺は!という方にはiDeCoが圧倒的にオススメ。

短期的に受け取るお金も欲しいぞ!という方には積立NISAがオススメですね。

以上です!

 

5つ紹介しましたが、もう少し細かいところ解説したり、もっと柔らかく解説する記事もいつか書くかもしれませんね。

それでは!

やらないと損するお金の話 3 〜ふるさと納税編〜

前回に引き続き、やらないと損するお金の話

 

1.格安sim
2.キャッシュレス化
3.ふるさと納税
4.iDeCo
5.NISA(積立NISA)
 

格安シムとキャッシュレス化については前回の記事

https://blumai.hatenablog.com/entry/2019/08/29/012619

をお読みください。

 

 

3.ふるさと納税

 

手軽さ ☆☆☆★★

節約額 数千〜4万円相当の物品(年収300万〜800万の場合)

向く人 :        ネットショッピングが好き、特産品が好きな人

向かない人 : いないのでは...?

 

数年前から話題のふるさと納税。色々と世間を賑わしてはいますが、この期におよんでまだやってない人が...?

流行りだした頃から周りに勧めまくっているのですが、確かにやらない人は全然やりません。

政治的スタンスとしてふるさと納税の制度に賛同できない、と言ってのけた方もいましたが

おそらく大半の人は「税」という文字に面倒臭い&よくわからないイメージをお持ちなのだと思います。

「得するのはわかるけどなぁ」って感じじゃないですか?

いやね、わかりますよ。面倒臭そうだしよくわからないですよね。

いいんです。そのままで。今日やってみましょう。よくわからないままやってみましょ。

今回は世界一簡潔にふるさと納税のやり方をお教えします!

 

Amazon楽天などネットショッピングしたことありますか?

ネットショッピングの面倒臭さ値が30だとすると、ふるさと納税の面倒臭さ値は32ぐらいです。あまり変わりませんね!

楽天市場でたまにめちゃくちゃ読みづらいページありますが、あれは38ですので、あれよりは面倒臭くないといえますね。

 

さて、とりあえずこのサイトを開いてみてください。

https://www.furusato-tax.jp/

楽天のページみたいなのが開きましたね。

楽天みたいに欲しいもの選んでカートに入れましょう。

あとは決済すればいいです。

以上です。

 

ね、簡単!ネットショッピングと変わらない!

今支払った額のほぼ全額が来年の税金控除という形で返ってくる、みたいな仕組みですね。

 

少しだけ注意点!

・上限があります。

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

ここで調べるか、よくわからなければ2万円分ぐらいにしておきましょう。

・注文中「ワンストップ〜」という文言にチェックマークつけるところがあるので、必ずつけておきましょう。

・そしたら郵便で書類送られてくるので、名前や住所書いて年内に必ず返送しましょう。

・確定申告している方はもう少し知識が必要なので、検索して調べてみてください。

 

いや、解説しようと思えばいくらでも詳しく解説しますが、もうふるさと納税が話題になって何年か経ちますもので、たくさんわかりやすい記事がありますから...

と、言い訳しておいて今回はここまで。

 

次回はiDeCoと積立NISAについてです。

iDeCoはすごいです。国民年金の方は特に必見。

では!

やらないと損するお金の話 〜格安シムとキャッシュレス化〜

前回に引き続きお金の話。

https://blumai.hatenablog.com/entry/2019/08/20/182253

今回からようやく本題です。

 

宝くじが10万でも当たる確率はゼロに近いほど低いですが、今回の方法を実行すれば10万円程度ならほぼ100%!うまくすればウン百万を手にできること山の如し!

 

という書き方をするとアフィリエイトとか情報商材とかアム〇ェイとか、そういう方向の語り口っぽいですが、全然、今回めっちゃくちゃ真面目な話です。

ファイナンシャルプランナーが教える究極の家計見直し術!みたいな記事に必ず載っている方法です。

やってないのとやっておくのでは10年後に貯金額に露骨に差が出る。そういう話です。

直接的に100万円の札束を手にできますよ、という話ではないです。

 やってる人はとっくにやっていますが、興味ない人はスルーしている・・・と

ダラダラ前置きばかり長くなってきました。

 

では以下に5つの見直し術をご紹介します。みなさんはいくつやっていますか?

 

  1. 格安sim
  2. キャッシュレス化
  3. ふるさと納税
  4. iDeCo
  5. NISA(積立NISA)

 

以上です。

 

・・・どうですか?どういう反応でした?

知ってる方からすれば「な~んだ」という内容ですし、やってない方は「興味ねぇ~」という内容かもしれません。

いやちょっと待って!「興味ねぇ~」もしくは「ひとつもやってねぇ~」と思ったあなた!

確かに思ったより堅い5つでしたよね。さっきまで宝くじの話とかしてたのにね。

わかりますよ。仲間同士で宝くじを買って当たったら車買うんだ~とかキャッキャしてる時に「ふるさと納税ご存知ですか?(メガネクイッ)」とか言ってくるメチャクチャつまらないメガネ君を見るようなその空気。

ちょっと待ってください!5秒だけください!

この記事を読んだら10万円あげるって言われたら読みますよね?

いや10万円はあげませんが、もし上記のいくつかを実行すれば一年で確実にあなたの貯金が10万円増えます。

ということなので、ぜひ読んでください!(メガネクイッ)

 

もう一度おさらい。

  1. 格安sim
  2. キャッシュレス化
  3. ふるさと納税
  4. iDeCo
  5. NISA(積立NISA)

 

今回はそれぞれのざっくりした説明にとどめますね。

もう少し掘り下げた記事をもしかしたら後日やるかも。

 

1.格安sim

手軽度   ☆☆☆☆★

節約額   年間数万

向く人   通信速度制限にあまり引っかからない人

向かない人 外でスマホをガンガン使う人(特に都内で)

 

携帯電話代、いくら払ってますか?中には1万円近く払ってる方もいるんじゃないですか?

それが1000円以下になったらいいですよね。携帯代が一月1000円。どうですか?

月1万円の経費が削減できれば1年で12万。10年で120万。30年で360万が余りますね。

格安SIMというとなんとなくよくわからんイメージがありますが、最近は丁寧に説明してくれる店員さんがいる路面店も多いです。

よくわからなかったらお近くの「Y!mobile」か「UQmobile」の看板のお店に入り、店員さんに相談してみてください。

割と年配のお客さんも多くいる印象。

ãã¯ã¤ã¢ãã¤ã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæf:id:blumenmaihama:20190827172335p:plain

(できれば大型電気店(ヨド〇シとか)に入っている携帯コーナーじゃなくて、街中にある路面店の方がいいです・・・!理由は後日別記事で・・・!)

 

2.キャッシュレス化

手軽度:☆☆★★★

節約額:年数万円

 

インバウンド歓迎の流れも後押しし、現金離れの流れが昨今進みつつあります。

小銭を探す手間が省ける、などの支払いの楽さもありますが、結構その小銭がちょこっと貯まっていくのですよ。キャッシュレス決済は。

最近やたらと見ますね。ペイペイとかLINEペイとか7ペイとか。

いわゆるスマホ決済サービス。

ちょっと前の記事でも紹介しましたが、100億円キャッシュバックとか70%還元とかのアレです。

最近は落ち着きましたが、それでも20%還元とかはまだまだ普通にやっています。

20%還元ですよ?なんかもう慣れてきた感がありますが、冷静に考えると、そんなことあります?

クーポン券を必死に集めて5%引きみたいなのが普通ですからね。

登録は面倒ですが、ぜひ乗り越えてやってみるとちょっとトクです。ちょっとですけど。

 

それと元祖キャッシュレスのクレジットカード払い。

楽天カードは常時1%ポイント付きますから、買い物全て1%オフみたいなものです。

西友ウォルマートカード使ったら毎日3%、たまに5%ですよ。セコい額かもしれませんが結構バカにならない額ではないですか?

西友で年間100万買い物をしていれば、その3%は3万円です。10年続ければ30万円貯金が増えている計算ですね。

飛行機によく乗る方なら、マイルと提携するカードを使えば10%の還元率もありうるようです。

家賃や公共料金なんかもカードで払えたりしますから、ライフスタイルによっては年間ウン十万円のキャッシュバック効果があったり...?


3.ふるさと納税
4.iDeCo
5.NISA(積立NISA)

についてはもうちょっと堅くなるので次回!

お金の話。

 

当たりましたか?

 

サマージャンボ宝くじ

 

一等5億ですよ。

ありますね。夢。

人間、5億当たったら何に使おうかな〜と考えてる時が一番楽しいですね!

そのワクワクが300円で買えるんだから、圧倒的なコスパの良さ。

北海道の上空から落とされた一円玉を偶然キャッチするぐらいの確率らしいですが

いやいや、そんなもんは確率。お勉強の世界ですよ。机上の空論。当たる人は当たる。

実際に一円玉をキャッチしている人がいるのですよ。

今この日本の中に5億を手にしてる人がいるんだよなーと思うと、辞められないですよね。宝くじ。

 

ちなみに私は、たまに一枚だけ買うようにしてます。

今回のサマージャンボは見事にかすりもしなかったですけど、場数です。

買っても当たりませんが、買わなきゃ当たらない。

当たり前の話です。

 

さて、今回は宝くじの話ではありません。

ここまでお読みいただいている、ということは、ご興味あるはずですね?

何にかって?そう、お金ですよ。

お金に興味のない人なんていませんよね。

今回は、お金を手にすることについての話をします!

宝くじは実際にお金を手にするのは難しいですが、「確実に」お金を手にする5つの方法をご紹介します!

 

こう書くと、胡散臭いアフィリエイト商材の広告のようですが、大丈夫です。全然。全然大丈夫ですよ。

5つ紹介するため少し長くなるので、記事をいくつかに分けますから、次回も是非お読みください!

陰謀論について

『9.11はアメリカ政府に仕組まれていた!』 

世の中には、陰謀論と呼ばれる物の見方が存在します。 
大事件の裏側にはそれを操る黒幕がいて、民衆が信じている事実とは全く違う真実が隠されている、という説です。 

 

例えば、「アポロ計画の月面着陸は捏造である」というもの。 
アポロ計画の月面着陸といえば 
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」
の言葉で有名な人類史の大事件。 
月面にアメリカ国旗を立てている映像は誰しもが見たことがあるのではないでしょうか。 

しかしあれは、全くの捏造だったという驚愕の話。 
なんとハリウッドのスタッフがスタジオ内で撮影した特撮映像であるというのです。 

しかし、なぜそんなわざわざ手間をかけてニセの映像など捏造しなければならなかったのでしょうか? 

 

それは...ソビエト連邦との関係にありました。

当時 冷戦中だったソ連アメリカ。
そのどちらの味方につこうか見極めるため、世界中が緊張状態でした。

強い方の味方につきたいのは当然。国の浮沈にかかりますからね。

では何をもって強いと見るか?

それは当然 軍事力、すなわち科学技術力。

宇宙開発は科学の最高峰技術の集大成です。
ロケット技術はミサイル技術に応用がききますし、人工衛星技術が発達すれば偵察機なしで敵国をスパイできます。 
周辺国は宇宙開発のニュースで両国の軍事力を測っていたのです。

あっちの方がすげーロケット飛ばしてる!となれば世界の趨勢が変わるのです。

 ですから何としてでも宇宙開発レースに勝たないといけなかった。

しかし、宇宙開発において人類初の偉業はことごとくソ連に抑えられていました。 
ソ連は、人類初の人工衛星の打ち上げ(スプートニク一号)

人類初の有人飛行の成功(ガガーリン)などを成功させています。 


優秀な技術者も同盟国も、1位の国に集まります。

2位じゃダメなんです。 
なにか圧倒的なインパクトでソ連と世界をビビらせて、この加速する開発競争に終止符を打たなければ・・・

という背景があったため、アメリカは人類初の月面着陸をなんとしても成功させなければなりませんでした。

失敗すれば権威は失墜。

そこでアメリカ政府は、ハリウッドのスタッフを秘密裏に集め特撮技術を駆使し、あたかも月上で撮影しているような映像を撮ったのです。 

打ち上げてみて失敗するより、成功した映像を捏造する選択をしたのです。

 

スタジオで撮られた証拠として挙げられる主な主張が以下

① 真空で風があるはずのない月面で旗がはためいている。 
② 宇宙空間なのに星が映っていない。 
③ アームストロング船長が月面に最初の一歩を印そうと梯子を降りていく映像が、無人のはずの月面から捉えられているのはなぜか。 
④ 月面の宇宙飛行士の動きを倍速にして見ると、地球での人間とまったく変わらない動きになる。 

と、あの有名な写真や映像には、月面で撮影されたにしてはおかしな点が、上記以外にも様々。 
これは、地球上のスタジオで作られたのでもなければ、説明がつかないのではないでしょうか・・・

・・・というのが『アポロ計画捏造説』です。 

 

どうでしょう。 
確かに筋が通っているような気がしませんか? 
本当にアポロ計画は捏造だったのかも

俺は真実を知った!と思った方もいるではないでしょうか...

 

結論から言うと、陰謀論者の主張のほとんどは論破されています。 
と、いうより論ずるに値しません。 

 

ポールを地面に突き刺した慣性で旗ははためきますし、
月面の明るさに露光を合わせれば星の光は映りません。
最初の一歩の映像は、その歴史的瞬間を映すために梯子に装備されていたカメラが撮影したものです。 
月の重力を考えると物体の落下速度は地球上の2.44倍なので、倍速にすれば地球上の動きと同じように見えるのは当然。 

捏造論そのものの反論として、 NASAの職員やハリウッドのスタッフなど、「捏造」に携わった関係者はかなり多くいるでしょうが 、その全てに口封じを命じ、現在に至るまでそれを忠実に守り続けることは可能でしょうか? 
また、その口封じのための予算は? 
持ち帰った月の石は実在しているが、これはどこから持ってきたのか? 
のちに月面探査機がアポロ計画の痕跡(足跡やロケットの台座)を撮影しているが、これはいつ置いたのか? 

などなど、反証がいくらでも出てきます。

 

陰謀論は「真実を知った!」という快感と優越感で信用したくなりますが、
その論拠のほとんどが、都合のいい部分だけピックアップされているものや、 
素人の思い付きで専門家の検証がされていないものです。 

真実だったことが明らかにされた陰謀論もありますが、まずは眉唾で聞いておくのが無難です。 


でも、信憑性は置いておくとして、物語としては面白いもの。 

色々な陰謀説にはロマンもある。

信じるか信じないかは、あなた次第です!

動物界最弱の人類が持つ最強武器

動物界で最強なのは何?という議論(雑談)をよく目にします。 

やっぱり百獣の王ライオンでしょうか?

いや象がライオンを投げ飛ばしているのを見た、いや実はカバが一番凶暴らしい、とか色々意見がありますが 

そういう最強動物候補にノミネートされている動物に比べ、どうでしょう我々人類。

どうも人間って、貧弱というか「身体能力が劣ってる」イメージがありますよね。 

走ってる猫や犬に追いつけないですし 

猿なんか結構凶暴ですから、本気で襲われたらたぶん負けると思います。 

日本刀を持ってやっと犬と互角に戦える、なんて話も聞いたことがあります。 


走るのも遅いし腕もヒョロヒョロ、キバもツノもない・・・ 

人類って、動物の中で最弱なんじゃない? と思っていました・・・が それが実は、人類が他の動物に比べて、圧倒的に優れている身体能力がひとつあるそうです。 


それは「長距離を移動し続ける能力」です。 


1日に10km以上歩くことを毎日続けることができて 

炎天下の中2~3時間で40kmを走破できる動物なんていうのはほとんどいないのだとか。 

言われてみればたしかに、と思いませんか? 


人間の足の構造って実は結構すごいらしく 

ヒザのバネが精巧にできているため、着地の衝撃を吸収。走る速度で消費カロリーがほとんど変わらず

アキレス腱も他の類人猿が1cmにも満たないのに対して人間は10cm以上でかつ太い。 

走行中のエネルギーの35%を蓄積して放出することができるそうです。 


人類の祖先がアフリカで生まれてから数十万年。われわれ人類は地球上の隅々まで広がっていきました。 

ここまで生活圏を広げることができた理由は様々あるでしょうが 

進化の過程で獲得した踏破能力は、ある程度それに寄与しているのではといえます。 


原始人といえば、石のヤリを持ってマンモスをザクザク刺してるイメージがありますが 

貧弱な人類にとって、それは石のヤリを発明したからこそできたこと。 

人類が武器を持たなかった頃にやっていた狩猟方法は、その持ち前の持久力を使い

「1日中とにかく獲物を追いかけまわして、獲物が疲れてへばったところを仕留める」だそうです。エグい。

焚き火をやりたい

やりたいよね。焚き火。

 

今回はそれだけ言いたい。

それで終わりなんですが、これで終わりなのならTwitterで充分なので、せっかくブログで書くからには140字以上書こう。


毎年夏に中学の友達数人と連れ立ってキャンプに行くのが恒例だったのだけど、最近どうも集まりが悪く
その毎年の恒例が自然消滅してしまった。


キャンプ場に行って肉焼いて酒を飲むだけなのだけど、べらぼうに楽しく
毎年の一番の楽しみだったので自然消滅が悔やまれる。


さて焚き火。


実はその会ではあまり焚き火をやってきておらず
最後の年に行ったキャンプ場にたまたま焚き火台があったので、たまたまやったのだった。
そこで火を見つめながら「やっぱりキャンプは焚き火だなぁ」
「これは毎回やろう」と思いはじめたところに自然消滅してしまったわけです。


なもので、じくじくと焚き火欲がくすぶっているのである。

 

別にハードルは高くない。

近頃のキャンプブームに乗って、一人でキャンプ(通称ソロキャン)に行ったっていい。

寝袋や簡易テントは持ってるので

最近はレンタルも充実してるし、ブランドを選ばなければ最低限の用品を揃えてもそこまでの費用でもない。

 

いや、焚き火だけしたいだけだから別にテントも寝袋もいらないっちゃいらないか。

 

気軽に焚き火に行けないものかな。
自転車とかでさ。道具としては、焚き火台と薪さえあればいいわけで。あとイスか。
これだけ持ってって火見て帰るだけでいいのですよ。


近くにある護岸とかでできないかなぁと思ったのだけど、やっぱり怒られるようだ。
焚き火は今の日本ではできるところが少なすぎる。
(自分の敷地内でもできないようだ)


焚き火やるために車借りて山へ...でもいいんだけど
貧乏性なので頭の中でそろばんを弾いてそれだけのためになぁと思ってしまう。


ただ、事をするにおいてコスパを気にしすぎることは人生を貧しくする、と最近は思っている。

 

悩んでいるうちに人生は過ぎていく。

ここで「やります」と宣言して、退路を断ってみよう。

公私混同も甚だしいけど、オチをつけるためにも宣言しよう。

話のオチを考えているうちに30分ぐらい経ったのでこれは仕方ないですね。

 

というわけで、9月までに実際に焚き火をして

ブログで焚き火の良さを改めて紹介する記事を書きますね。

お楽しみに!